にきびと吹き出物

にきびは「青春のシンボル」と言いますよね。
20歳過ぎて出来るのはにきびじゃなくて「吹き出物」だよ...なんてよく言いますが...
確かににきびと吹き出物ってどう違うのでしょうか?

にきびとは思春期や10代の頃に出来るもので
これは成長期におけるホルモンバランスの崩れからくるものです。
成長するに従ってホルモンのバランスも整いやがて出来なくなります。

それでは大人になって出来る「吹き出物」=「大人にきび」って
思春期に出来るにきびとどう違うのでしょうか。

いわゆる顔に出来る吹き出物を「にきび」と呼び、
顔以外の場所にできるものを吹き出物と呼ぶこともあります。
基本的には、「にきび」も「吹き出物」も同じものであると言われています。

メカニズムは一緒で毛穴に皮脂や角質などが詰まり
そこにアクネ菌などの雑菌が侵入し毛穴の中で増殖することによって
炎症が起こるからです。

その人の年齢に寄って名称を変えているようですが
結局のところ今では「大人にきび」という言葉が定着しているようです。



ところで、ビーグレンという商品を知っていますか?
正しい表記は「b.glen」で、最近口コミで人気が出てきた化粧品のラインです。

ニキビや毛穴に悩む人、美白を目指す人に人気があります。
少々お高いようですが、コンセプトが「安価で効果が少ないよりは、
高価でもすぐに効果が出るものを」ということで、
1本使い切る前に効果が現れた!という人が多いようです。

クレンジングから美容液、サプリメントやボディ用のクリームまで、
一式そろっています。

トライアルキットも充実しており、手軽なお値段で試せるので、
まずは一度トライアルキットを購入することをおすすめします。

また、注意点としては「とても効果があった!」という人が多いとは言え、
中にはどうしても合わない、
使用しても効果が見られないどころか悪化してしまった、という人もいます。
これはどのような商品でも避けられないことです。

合うか合わないかは、実際に試してみなければわかりません。
それを判断するためにも、まずはトライアルキットを試してみるのがいいですね。