「芸能人は歯が命」というフレーズを耳にしたことがあると思いますが、口元や歯並びがもたらす印象はそれぐらい大きいものです。歯並びが悪い例として、出っ歯やすきっ歯、受け口などが挙げられますが、中でも最も多いのはガタガタの歯並び(=叢生)です。
このガタガタの歯並びは、顎に対して歯が大きすぎるため顎に歯が収まりきらず、歯が重なって生えてしまうためガタガタとした歯並びになってしまいます。見た目も良くない上に噛み合わせも悪いので、小学生のときに歯列矯正をする人も多いです。このタイプの歯列矯正では、顎を広げて歯が生えるスペースを作りますが、場合によっては歯を抜かなければならないケースも多いです。また、歯は元々生えていた位置に戻ろうとする習性がありますので、子供の頃に歯列矯正をしても大人になると歯が元あった位置に戻ってしまい、歯並びが悪くなったという話も珍しいことではありません。そのため、大人になってから審美をしたという人もいます。有名な審美歯科は大阪や東京に多いです。

歯