AGAの基礎知識

AGAと言う言葉はテレビコマーシャルのおかげもあって、もう耳馴染みですが、
男性の薄毛の状態のことを指します。
多くは30代、40代で見られる症状で、根本的な原因は男性ホルモンの影響に
よるものとされています。
額が広がっていくパターンと頭頂部が薄くなっていくパターン、それの両方が
進行するパターンが具体的な症状ですが、AGAという言葉とともに、
お医者さんで治療できます、というフレーズも浸透していると思います。

お医者さんで治療できるのであれば、保険が適用できるのかというと、
そうではありません。
さらにほっておいても見た目が変わるだけで、それが原因で体調が悪くなるわけでも
ないので、病気というわけではありませんが、
治療がうまくいけば一定の症状の改善が見られるのは確かです。

また、薄毛がコンプレックスでストレスをため込むようでしたら、
治療を受けて、お医者さんに相談するのもよいでしょう。

AGAという診断結果を受けるとプロペシアという飲むタイプのお薬を処方されます。
このプロペシアは1錠250円くらいします。
一日に1錠服用することになりますので、1ヶ月間で7,500円します。
診察料を合わせると13,000円から15,000円くらいが治療費としての相場のようです。