レーシックの仕組み

一度視力が落ちてしまうと、

メガネやコンタクトレンズ無しじゃ日常生活を送るのが難しくなりますね。


でも、メガネやコンタクトレンズがどうしても体質に合わないとか、

邪魔になるという人はレーシックを考えてみてはいかがでしょうか。
レーシックとは、眼球の手術をすることで近視・遠視・乱視を治すことです。

そもそも、視力が低下するというのは、目の中の網膜に焦点が当てられないというのが原因です。


どうして焦点が合わないのかというと、

焦点を結ぶためのレンズ(水晶体)を引っ張って厚さを変更するための筋肉が、

なんらかの原因で働くなくなり、レンズの厚さを変えることができなくなってしまうのです。

レーシックの手術では、点眼の麻酔をかけることから始めます。

目薬をさしてしばらくすると、麻酔がかかった状態になります。


次に、角膜の表面を少し切って、蓋のようにめくります。
角膜の中の、レンズの部分をレーザーで薄くすることで、

焦点が合わない状態(近視・遠視・乱視)を改善します。


最後に、蓋状の角膜を元に戻し、癒着させます。
手術後は視界がぼんやりしていますが、

1~2日後には、まるでメガネやコンタクトレンズをしていたように

くっきりとした視界が戻ってきます。

もちろん手術の痛みはありませんし、手術自体は15分程度の簡単なものです。

メガネ・コンタクトレンズに不便を感じている人にオススメです。

術後に多少の違和感は感じるようですが、一週間もすれば、

まるで目が悪かったのが嘘みたいに自然で快適な生活を送ることができます。

メガネやコンタクトレンズとは手を切れて、とっても便利ですよ。