名義を貸した人...つまり名義人は、
いかなる理由があろうとも絶対に自分名義の借金は返済しなくてはなりません。
名義貸しの場合、まず過払い金請求が出来る程、
借入期間があるとはまず思えないので任意整理や特定調停といった
債務整理手続を検討することになります。
弁護士や司法書士などの専門家に相談の上、
債務整理の手続きを進め一体どの様な方法が一番自分に合っているかよく考えることです。
大丈夫です。必ずよい方法が見つかります。
そして名義人の債務整理が決めた後、名義を借りた人への請求も当然検討します。
名義人が債務整理手続を決めた後、名義を借りた人へ「不当利得返還請求」等、
不当に手に入れたお金の返還を求めることが出来ます。
しかし乍ら当然、お金のことに関しては早々話し合いで片付くとは思えません。
決着がつかない場合は、裁判所などの手続きが必要になります。
裁判を起こしたくなければ内容証明郵便等で毅然とした請求するのも一つの手です。
名義を借りた人への不当利得返還請求は
同じく弁護士や司法書士などの専門家に必ず相談して下さい。


債務整理について

借金の返済が不可能となった場合、、一般的に考えられるのは、
自己破産ではないでしょうか。
この自己破産とは債務整理の中の一つの方法ですが、
実は債務整理の中には、任意整理や過払い金請求などの方法があることをご存知でしょうか。
任意整理であれば、今返済している借金の減額等が出来るかもしれません。
そうすれば月々の支払いが難しく、破産を考えている場合であれば救われるかもしれません。
過払い請求は、もし今まで消費者金融からキャッシングローンをしていた場合で、
長期の返済をしている、もしくは完済している、といったことに心あたりがある方は、
ひょっとすると、お金が返ってくる可能性があります。
それは本来返済する以上のお金を消費者金融に支払っている場合があるからです。
この場合、人によっては数百万円の過払い金が返ってきたという話も聞きます。
ですから、もし心当たりがあれば調べてみた方が良いです。
自己破産まで考えている場合であれば、
少し思いとどまって、これらの方法でまずは借金問題が解決しないかを
確認してみてはいかがでしょうか。

自己破産をするよりはデメリットが少ないのがこれらの方法です。