債務整理とは、
「自己破産」「任意整理」「民事再生」といったものが主なものであります。

また世間でも話題になっている過払い請求もこの債務整理に入ります。

債務整理を行う上での共通のメリットは「借金がなくなる、減る」といったところでしょう。
ただお金に関することだけではなく、精神的な苦痛・負担から解放されることが
一番大きいのではないでしょうか。

デメリットに関しては、個々にかわってきます。

自己破産や任意整理などを行えば、ブラックリストに載ってしまうことや、
同じ業者からの借入は今後できなくなってしまうことでしょうか。

ただ自己破産などを考えている場合、ブラックリストに乗ることよりも、
日々、借金に追われる生活のストレスから解放されることの方が大きいと聞きます。

その中でも自己破産は、債務整理としても最後の手段です。
自己破産という債務整理方法のメリットとデメリットを挙げてみました。


○メリット
・借金がすべてチャラになる・・・他の債務整理方法と違って、借金の返済義務が完全になくなります。自己破産が成立したその日から、借金返済に悩む必要がなくなります。
・申請期間中も返済しなくてよくなる・・・自己破産をすると決めて裁判所に行き、手続きを始めたその日から返済を一時停止できます。自己破産が受理されるかされないかに関わらず、少なくとも一時的に返済を止められます。


○デメリット
・ブラックリストに載る・・・いわゆるブラックリストに載るので、約7年間は一切のローンを組むことができません。教育ローン・住宅ローン・クレジットカード等も一切利用できなくなります。
・官報に載る・・・自己破産したことを隠したくても、官報という誰でも閲覧できる書籍に名前と住所が記載されてしまいます。その気になればいつでも閲覧できる書籍なので、不都合がある人は要注意です。
・資格停止・職業の規制・・・自己破産した人が就けない職業というのがあります。会社役員・士業・第三者の財産に関与する職業です。なので、現在その職についている人は職を失ってしまいます。

ちなみに債務整理の中でデメリットがない、といわれているのは、
過払い請求です。
これは心当たりがある方であれば絶対にしておいたほうが良いです。

請求しなければ損ですよ!