水で健康

ミネラルの一種であるバナジウム。
バナジウムには牛乳・豆腐・卵・わかめ・さば・いわしなどの食品に多く含まれている栄養素です。

特にアサリはバナジュウム含有量が高く100g中80~90μg含まれています。
バナジウムは、通常人間の体の中にも存在している金属です。
そして最近では必須ミネラルとして認識されました。

日本では最近バナジウムイオン水の発売と共に
「バナジウム」という言葉の認知度は高まりつつあります。
このバナジウム水が採水出来るのは、富士山麓の限られた地域だけになっているそうです。

バナジウムは体内でインスリンと同じ働きをするため糖尿病治療に有効と考えられています。
また、バナジウムは体内から有害な毒素や老廃物を排出する働きもあり、
コレステロール値を下げる・血圧を下げるなどの効果も期待されています。

体にいいとされているバナジウムですが実は食品だけで摂取することはなかなか難しい為、
バナジウム水などを利用して摂取している人が増えています。
たかが水ではありません。

体内から有害な毒素や老廃物を排出してくれる体に優しいお水を飲用することで
健康を目指す人が増えているようです。成人病の一つである糖尿病は一度患ってしまうと大変厄介なものです。

普段の食生活に気をつけていても患ってしまうかもしれない、、
そんな不安を抱えながら生活している方もいるかもしれません。

実は糖尿病に対して、効果があるといわれ期待されているものがあります。
それはバナジウムです。我々が一般的にバナジウムを摂取する方法といえば、
バナジウムを含んだ天然水からバナジウムを摂取することです。

バナジウム天然水と言えば、富士のバナジウム天然水が有名でしょう。
実際に富士のふもとに生活する人々は、成人病といわれる疾患を患っている確率が
かなり低いということからも、このバナジウム天然水は期待されています。

このバナジウム天然水だが、ペットボトルで販売されている他に、
ウォーターサーバー業者の中には、この富士のバナジウム天然水を扱う業者あります。
この辺りは、利用する側の都合の良いほうで選べば良いと思いますが、
各業者で扱うものによって内容成分などが異なります。

バナジウムの含有量にも目がいきがちですが、
毎日飲むものでもあるので、硬度などにも目を配り、飲みやすさなどにも注目したいところですね。