ウォーターサーバー

おいしいお水を手軽に飲むことができます!
で、手軽にってところがミソですが、冷たいお水と、
カップ麺にも使えるお湯が常に出るように、
サーバーがある程度の量の水を保温しておくわけです。
ですので、家庭用電源が必要となります。

ウォーターサーバーは冷水、温水を溜める部分と取り出す部分が
一体になっていて、そこに水のボトルセットする仕組みになっています。